正社員の転職求人サイト情報ナビ

リクナビNEXT[人気No.1の転職サイト]
詳細
★★★★★
 リクナビNEXTは、日本最大級の会員数を誇る転職サイトです。また、求人情報総数は業界トップクラス!スカウトなどの機能も充実しており、便利な転職サイトです。
利用者の声
良かった
転職しようかと迷っている時にリクナビのスカウトサービスに登録しました。想像以上に多くのスカウトが来たので、在職中に転職が決まってしまいました。こんなに楽に転職できるなら、早くリクナビに登録すれば良かった。って思いましたね。(30歳 男性)
良かった
リクナビの転職ノウハウを参考に転職活動を進めたら、2ケ月目には転職先が決まりました。初めての転職で不安も多かったのですが、こんなにスムーズに転職出来たのは、リクナビのおかげだなと思います。 (26歳 男性)
良かった
リクナビで女性の求人って検索したら2000件以上がヒットしたのには驚きです。業種も豊富だったので、思い切って未経験の分野に応募してみました。今では、毎日新鮮な気持ちで仕事に取組めているので大満足です(24歳 女性)

リクルートエージェント[プロによる徹底サポート]
詳細
★★★★
 転職成功実績No.1!求人情報は約8万8,500件!業界・職種に精通した、頼れるキャリアアドバイザーにあなたの転職をサポートしてもらう事が出来ます。
利用者の声
良かった
リクルートエージェントなら転職の悩みも相談できると聞いて登録しました。前職でのストレスが抜けない内からの転職活動でしたが、担当のアドバイザーに愚痴を聞いてもらえたことで、転職活動は前向きに行えたと思います。アドバイザーの〇〇さんには本当に感謝です。  (26歳 男性)
良かった
前職は2年間だけの勤務だったので、職務経歴書の書き方が不安でしたが、担当者からのアドバイスで自分のアピールポイントが見えてきました。転職のプロって、本当に頼りになるなと実感しました。(31歳 男性)
良かった
面接時間は短かったのですが、提案してくれる求人は希望通りのものばかりだったので、短い時間でも私を理解してくれたことが嬉しかったです。数社を受けてからの採用でしたが、担当者の励ましもあって心が折れずに無事転職できました。(27歳 女性)


【おすすめ情報】 25歳の転職を成功へ導く
25歳の転職で大切なこととは?

転職に慣れていない方が注意したいポイント

 

 転職は人生でそう行うものではありません。そのため、これが初めての転職だ、という方もいると思います。何も知らずに成功するほど転職は甘いものではないので、転職初心者の方はそのコツを確かめましょう。特に、初心者の方が躓きがちなポイントを紹介します。

 

続きを読む≫ 2015/01/21 13:48:21

 これは転職活動中の方だけでなく就職活動をされている方も同じく言えることですが、決してストレスを溜めるようなことはしないようにしましょう。

続きを読む≫ 2013/12/25 13:56:25 転職コラム

 今日、景気が回復傾向にあり日本企業の採用意欲は増しています。優秀な人材はどこの企業も欲しいのです。中途採用における企業ニーズもこの優秀な人材に集中しています。

続きを読む≫ 2013/12/25 13:55:25 転職コラム

大学中退 就職

 大学中退後にフリーターをしている学生は八割以上に上ることが分かり、中退後の就職が非常に厳しい現実が浮き彫りになりました。

 

良い大学とは?

 大学中退には様々な理由がありますが、中退後に厳しい就職情勢の荒波を受けることは共通しています。できるだけ大学中退をしないように心がけたいものですが、どのように心がければよいのでしょうか?

続きを読む≫ 2013/09/25 16:11:25 ニュース

ベンチャー企業から農業へ転職

 現在38歳の在賀耕平さんは軽井沢から40キロほど離れた、長野県の南佐久郡佐久穂町で農場を営んでいます。しかし在賀さんはもともと農業の経験があったわけでもなく、まして自然が好きなわけでもなく農作業が好きでもないといいます。そんな在賀さんがなぜ農場を始めたか、その理由は究極の消去法だったのです。在賀さんは大学を卒業した後に人材ビジネスのベンチャー企業に入社し、27歳のときに今度はITのベンチャー企業に転職しその企業が上場する大きな役割を果たします。

 人材派遣のパソナが2013年5月1日〜31日に同社を訪れた転職希望者643人を対象に調査を行ったところ、34.2%の会社員が普段の仕事で英語を使っていると答えました。また年収別で見ると600万円以上の、会社員の半数以上が英語を使っていることが分かりました。さらに仕事で英語を使っている人に実際にどのような場面で使っているかを聞いたところ、83.9%の人がメールと答え翻訳や文書作成で使っていると答えた人が58.7%いました。これに続いて多かったのが社内の打ち合わせで使うと答えた人が40.4%で、商談で使うと答えた人は3.4%にとどまりました。

 いわゆる企業コンサルティングといいますか、採用や人材育成のノウハウについてコンサルティング展開をしているクレスコ株式会社代表取締役の中尾英明氏がネットで中途採用について考察しています。中途採用イコール即戦力ではない、と今まで思っていたことと正反対の言葉に戸惑いを覚えながら、一体どういうことか見ていくことにします。

 自民党が参議院選挙で大勝したことで公約の2020年までに、女性管理職の割合を30%にする具体的な政策が推し進められることになります。これは安倍首相が2013年4月に経済界との意見交換会で、女性が活躍できる社会の推進を目指すことを明確に打ち出したことを受けてのことです。実際に内閣府が発表した「2013年版男女共同参画白書」でも、日本の女性の管理職の割合は国際的に見ても低いことが分かります。このに白書よると女性の管理職の割合は52.7%でフィリピンが1位で、次にアメリカの43.0%フランスのは38.7%と続きます。それに対して日本の女性の管理職の割合は11.1%で、12ヵ国のなかで9.4%の韓国のに次ぎ2番目に低い水準です。


 ニートの就労支援は様々な方法でされていますが、そのうちの一つがジョブサポと呼ばれるものです。正式にはジョブサポーターと呼ばれる専門家の事ですが、通常はジョブサポ=就労支援制度の一つと考えられています。

 

 ジョブサポーターは職業支援の専門家であり、様々な悩みに対して的確に答えることのできる力強い支援者です。通常はハローワークにいます。総勢では2000人を越えるジョブサポーターが非自発的失業者の相談援助をしています。

フリーターの就職活動で利用できる媒体にはどんなものがあるの?


 フリーターが就職活動を行うために利用できる媒体には、さまざまなものがあります。若年者を対象にした公的な就業支援施設としては、ハローワーク、ジョブカフェ、サポステーションなどが都道府県に設置されています。そこでは、市町村と企業が連携して就職面接会やインターン雇用、就職基礎能力速成講座などを催し、就職に役立つセミナーも開催しています。